Ticket #1662 (closed バグ指摘: 修正済)

Opened 9 years ago

Last modified 8 years ago

DEBUG_MODE = true でメモリリーク

Reported by: Seasoft Owned by: Seasoft
Priority: Milestone: EC-CUBE2.12.1
Component: その他 Version: 2.12.0 α
Keywords: Cc:
修正済み: yes

Description (last modified by Seasoft) (diff)

PEAR_DB_DEBUG の初期値が「9」のため、MDB2 の debug オプションが有効になるが、ログの吐き出し先がなく MDB2 のインスタンス内に貯めこむため。

少なくとも現状は混乱を招く状態なので、「ログなどに適切に吐き出す(貯めこまない)」か、「DEBUG_MODE = true にしたのみでは有効とならないようにする」といった考慮が必要。「DEBUG_MODE」のコメントからも現状の動作は推測困難と考える。


本来は、ログの吐き出し用の処理を提供したいが、開発工数の都合で割愛する。

分析したことろ、PEAR_DB_DEBUG は以前に PEAR::DB を利用していた時代の遺産であると推測できた。本来は別のものを提供すべきだが、開発工数の都合で割愛する。

実質的に PEAR_DB_DEBUG を変更しただけでは、何の情報も得られないので、パラメータの初期値が「0」で無いことが現状では問題であると判断。

r21711

Change History

comment:1 Changed 9 years ago by Seasoft

  • Owner changed from somebody to Seasoft
  • 修正済み set
  • Status changed from new to assigned
  • Description modified (diff)

comment:2 Changed 8 years ago by h_yoshimoto

  • Status changed from assigned to closed
  • Resolution set to 修正済

ご対応ありがとうございました。

閉じさせて頂きます。

Note: See TracTickets for help on using tickets.