Ticket #837 (closed 改善提案: 修正済)

Opened 11 years ago

Last modified 10 years ago

SC_SendMail#sendMail と SC_SendMail#sendHtmlMail で複数宛先の扱い方が異なる

Reported by: Seasoft Owned by: Seasoft
Priority: Milestone: EC-CUBE2.11.0
Component: その他 Version: 2.5-dev
Keywords: Cc:
修正済み:

Description (last modified by Seasoft) (diff)

ソースを見る限り、SC_SendMail#sendMail の実装が、不具合回避をしているように感じられる。それならば、(カスタマイズや今後の拡張のケースを考慮し) SC_SendMail#sendHtmlMail も同様の処理をすべき。

そもそも、同じような処理が重複して書かれていることから、このような事態が発生したと考えられる。リファクタリングの必要も感じる。

また、店舗サイドと顧客サイドで別々の Message-Id が割り与えられる不具合が発生しています。

Change History

comment:1 Changed 11 years ago by Seasoft

  • Owner changed from somebody to Seasoft
  • Status changed from new to assigned
  • Description modified (diff)

どうやら、原因は #234 の改訂によるもののようです。

#234 で参照しているフォーラムの記事の参照元の参照元( http://www.kens-cube.com/modules/blog2/details.php?bid=52 )を拝見しましたが、#234 で指摘されている「同一セッションに設定可能な RCPT TO: が制限されている」の原因であれば、MAIL_BACKEND を切り替える必要は無かったはずです。よって、別の原因であったと推測します。

comment:2 Changed 11 years ago by Seasoft

  • Milestone changed from EC-CUBE2.5.0beta to EC-CUBE2.5.0

comment:3 Changed 10 years ago by Seasoft

  • Status changed from assigned to closed
  • Resolution set to 修正済
Note: See TracTickets for help on using tickets.