source: branches/feature-module-update/data/class/db/SC_DB_MasterData.php @ 15123

Revision 15123, 3.2 KB checked in by nanasess, 15 years ago (diff)

db パッケージ追加(クラス定義のみ)

  • Property charset set to UTF-8'
  • Property svn:keywords set to Id Revision Date
  • Property svn:mime-type set to 'application/x-httpd-php
Line 
1<?php
2/*
3 * Copyright(c) 2000-2007 LOCKON CO.,LTD. All Rights Reserved.
4 *
5 * http://www.lockon.co.jp/
6 */
7
8/**
9 * マスタデータを扱うクラス.
10 *
11 * @package DB
12 * @author LOCKON CO.,LTD.
13 * @version $Id$
14 */
15class SC_DB_MasterData {
16
17    // }}}
18    // {{{ functions
19
20    /**
21     * マスタデータを取得する.
22     *
23     * 以下の順序でマスタデータを取得する.
24     * 1. data/conf/cache のマスタデータキャッシュを include_once() で読み込む
25     * 2. 1 で読み込んだ値をチェックし, 値が変数定義されていれば値を返す.
26     *    されていなければ, 次の処理を行う.
27     * 3. 値が未定義の場合は, DBからマスタデータを取得する.
28     * 4. 取得した後, マスタデータのキャッシュを生成し, 値を返す.
29     *
30     * @param string $name マスタデータ名
31     * @return array マスタデータ
32     */
33    function getMasterData($name) {
34        // TODO
35    }
36
37    /**
38     * マスタデータをDBに追加する.
39     *
40     * 引数 $value をマスタデータとしてDBに追加し,
41     * キャッシュを生成する.
42     * 既存のキャッシュが存在する場合は上書きする.
43     * $value は key => value 形式の配列である必要がある.
44     *
45     * @param string $name マスタデータ名
46     * @param array $value マスタデータ
47     * @return integer マスタデータの登録数
48     */
49    function registMasterData($name, $value) {
50        // TODO
51    }
52
53    /**
54     * マスタデータを更新する.
55     *
56     * 引数 $value の値でマスタデータを更新し,
57     * キャッシュを更新する.
58     * $value は key => value 形式の配列である必要がある.
59     *
60     * @param string $name マスタデータ名
61     * @param array $value マスタデータ
62     * @return integer マスタデータの更新数
63     */
64    function updateMasterData($name, $value) {
65        // TODO
66    }
67
68    /**
69     * マスタデータを削除する.
70     *
71     * 引数 $name のマスタデータを削除し,
72     * キャッシュも削除する.
73     *
74     * @param string $name マスタデータ名
75     * @return integer マスタデータの削除数
76     */
77    function deleteMasterData($name) {
78        // TODO
79    }
80
81    /**
82     * マスタデータのキャッシュを消去する.
83     *
84     * @param string $name マスタデータ名
85     * @return void
86     */
87    function clearCache($name) {
88        // TODO
89    }
90
91    /**
92     * マスタデータのキャッシュを生成する.
93     *
94     * 引数 $name のマスタデータキャッシュを生成する.
95     * 既存のキャッシュが存在する場合は上書きする.
96     *
97     * @param string $name マスタデータ名
98     * @return void
99     */
100    function createCache($name) {
101        // TODO
102    }
103
104    // }}}
105    // {{{ private functions
106
107    /**
108     * DBからマスタデータを取得する.
109     *
110     * キャッシュの有無に関係なく, DBからマスタデータを検索し, 取得する.
111     *
112     * @param string $name マスタデータ名
113     * @return array マスタデータ
114     */
115    function getDbMasterData($name) {
116        // TODO
117    }
118}
119?>
Note: See TracBrowser for help on using the repository browser.