Changes between Version 6 and Version 7 of EC-CUBE標準規約


Ignore:
Timestamp:
2007/07/27 21:24:25 (13 years ago)
Author:
nanasess
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • EC-CUBE標準規約

    v6 v7  
    3232||sf          ||一つのサイト内で共有する関数||sfGetProductName()|| 
    3333||lf          ||一つのソースファイル内で使用する関数||lfGetProductName()|| 
    34 ||fn          ||JavaScript で宣言された関数||fnGetProductName()|| 
     34||fn          ||!JavaScript で宣言された関数||fnGetProductName()|| 
    3535 
    3636=== 変数名(Smarty 変数も含む) === 
     
    3838   * ループ等で一時的に使用する, 数値型の変数には慣習的な $i, $j, $k を使用しても良い. 
    3939 * 区切り文字としてアンダースコア(_)を使用する. 
    40 ||'''Prefix'''|| 
     40||'''Prefix'''||'''種類'''||'''例'''|| 
     41||obj         ||クラス変数(オブジェクト)||$objDb_Conn|| 
     42||arr         ||配列||$arrCustName|| 
    4143 
    4244=== 定数名 === 
     45 * すべて大文字で宣言する. 
     46 * 区切り文字としてアンダースコア(_)を使用する. 
     47 
    4348=== DBテーブル名 === 
     49 * テーブル名の先頭には, 小文字でその種類を表す Prefix を付加する. 
     50 * 区切り文字としてアンダースコア(_)を使用する. 
     51||'''Prefix'''||'''種類'''||'''例'''|| 
     52||mtb         ||マスタデータ||mtb_pref|| 
     53||dtb         ||データテーブル||dtb_shop|| 
     54||vw          ||ビュー    ||lvw_order|| 
     55 
    4456=== DBカラム名 === 
     57 * ''特に定義なし'' 
     58 
    4559=== CSS クラス名 === 
     60 * ''特に定義なし'' 
    4661 
    4762== コーディング規約 == 
     63 
    4864=== HTML === 
     65 * ラジオボタン, チェックボックスは '''<label></label>''' で囲み, 文字をクリックしてもチェックされるようにする. 
     66 
    4967=== PHPコード === 
     68 * PHPコードの開始タグと, 終了タグは以下のように記述する. 
     69   * 終了タグの後に必ず '''LF''' (UNIX の改行コード)を1つ入れる. 
     70{{{ 
     71#!php 
     72<?php 
     73 
     74?> 
     75 
     76}}} 
     77 
    5078=== 制御文 === 
     79 * if, for, while, switch 等の制御構造は, 次のルールで開き括弧で記述する. 
     80 * インデントは, 半角スペース4文字を使用し, タブは使用しない. 
     81 
     82=== if 文 === 
     83 * 判定文の対象となる処理結果は先に記述する. 
     84 
     85{{{ 
     86#!php 
     87<?php 
     88if ($flag == '1') { // '1' == $flag と書くのは NG 
     89    $ret = 1; 
     90} elseif ($flag == '2') { 
     91    $ret = 2; 
     92} else { 
     93    $ret = 3; 
     94} 
     95?> 
     96 
     97}}} 
     98=== for 文 === 
     99{{{ 
     100#!php 
     101<?php 
     102for ($i = 0; $i < $max; $i++) { 
     103    echo $i . "\n"; 
     104} 
     105?> 
     106 
     107}}} 
     108=== foreach 文 === 
     109{{{ 
     110#!php 
     111<?php 
     112foreach ($var as $key => $val) { 
     113    echo $key . ":" . $val . "\n"; 
     114} 
     115?> 
     116 
     117}}} 
     118=== while 文 === 
     119{{{ 
     120#!php 
     121<?php 
     122while ($flag) { 
     123    var_dump($flag); 
     124} 
     125?> 
     126 
     127}}} 
     128=== do while 文 === 
     129{{{ 
     130#!php 
     131<?php 
     132do { 
     133    var_dump($flag); 
     134} while ($flag); 
     135?> 
     136 
     137}}} 
     138=== switch 文 === 
     139{{{ 
     140#!php 
     141<?php 
     142switch ($var) { 
     143case VAR_ONE: 
     144    echo "one"; 
     145    break; 
     146 
     147case VAR_TWO: 
     148    echo "two"; 
     149    break; 
     150 
     151default: 
     152    echo "default": 
     153 
     154} 
     155?> 
     156 
     157}}} 
     158   * case の記述は, 定数を用いるのが望ましい. 
     159 
    51160=== 文字列 === 
    52161=== SQL文 ===