Changes between Initial Version and Version 1 of 開発手順


Ignore:
Timestamp:
2013/01/29 09:54:17 (8 years ago)
Author:
kim
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • 開発手順

    v1 v1  
     1 
     2== Tracでの開発手順 == 
     3 
     4 
     51.未解決チケットの「担当者」をご自身のアカウントに変更、ステータスを「assigned」に変更する。[[BR]] 
     6 
     72.チケット間をまたがる改修を行う前には、関連するチケットへ下記フォーマットに従ったコメントを登録する。[[BR]] 
     8 
     9例:[[BR]] 
     10{{{ 
     11 
     12○○の処理に関して、○○クラスの○○メソッドにて修正します。 
     13 
     14▼本筋のチケット 
     15#xxxx (あなたのチケット番号) 
     16 
     17▼関連チケット 
     18#nnnn #mmmm ・・・ 
     19 
     20}}} 
     21 
     223.開発中のチケットに「2」のように追記コメントがないか確認しつつ、開発を進める。[[BR]] 
     23 ※「assigned」に変更してから基本的に、数日以上、何も動きが無い場合、進捗確認のためご連絡させて頂くか、担当者を変更する可能性がございます。[[BR]] 
     24 出来る限り「2日以内」を目処でコミット(ページ数が多いチケットの場合部分的にでも)頂けますようよろしくお願い致します。[[BR]] 
     25 
     264.動作確認を行い、動作に問題なければコミットする。[[BR]] 
     27 ※動作確認中、既存バグがあった場合でも、出来る限り改修をお願いします。[[BR]] 
     28 
     29 '''属性右下「修正済み」にチェックを入れて終了した旨のチケットを登録する。[[BR]] 
     30 【注意】修正内容確認後にチケットを「解決」といたしますので、コミッター様側では上記修正済みに 
     31 チェックを入れる作業で完了としてください。''' 
     32 
     335.第三者のコミッター、及び株式会社ロックオンにて修正内容を確認します。修正内容に問題があれば、内容をチケットに追記し、 
     34「修正済み」チェックを解除します。[[BR]] 
     35 
     366.差し戻された場合、引き続きチケット担当者が「2」へ戻り改修を行う。[[BR]] 
     37----