Changes between Version 3 and Version 4 of Ticket #1604


Ignore:
Timestamp:
2012/04/06 18:02:33 (9 years ago)
Author:
AMUAMU
Comment:

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Ticket #1604 – Description

    v3 v4  
    11外部システムや外部サービス等とのシステム連携を容易に実現出来るようなAPI機能を標準機能として実装する。 
    22 
    3 = 機能概要 = 
     3== ●機能概要 == 
    44「Amazon Product Advertising API[https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html]」の仕様を元に、EC-CUBE用に実装。 
    55 
    6 == 主な差異点 == 
     6== 主な差異点 == 
    77=== 1.リクエストはREST APIのみ実装 === 
    88Amazon APIと同名・基本リクエスト型が同じである対応するOperationは下記 
     
    2828URL等EC-CUBEであるがため、最低限必要な項目は修正している。[[BR]] 
    2929例)ASN ⇒ product_id 
     30=== 5.EC-CUBE独自のOperationの追加 === 
     31||Operation||概要||備考|| 
     32||GetVersion||EC-CUBEバージョン|| || 
     33||AddrFromZip||郵便番号から住所を取得|| || 
     34||and more..|| || 
     35 
     36== ●セキュリティ系 == 
     37EC-CUBE独自のセキュリティ構造を用いている。[[BR]] 
     38現在サポートされているAPIアクセス権限は下記[[BR]] 
     39{{{ 
     40    const API_AUTH_TYPE_REFERER = '1';          // リファラー 
     41    const API_AUTH_TYPE_SESSION_TOKEN = '2';    // CSRF TOKEN 
     42    const API_AUTH_TYPE_API_SIGNATURE = '3';    // API 署名認証 推奨 
     43    const API_AUTH_TYPE_CUSTOMER = '4';         // 会員認証 
     44    const API_AUTH_TYPE_MEMBER = '5';           // 管理者認証 
     45    const API_AUTH_TYPE_CUSTOMER_LOGIN_SESSION = '6';   // 顧客ログインセッションが有効 
     46    const API_AUTH_TYPE_MEMBER_LOGIN_SESSION = '7';     // 管理者ログインセッションが有効 
     47    const API_AUTH_TYPE_IP = '8';               // IP認証 
     48    const API_AUTH_TYPE_HOST = '9';             // ホスト認証 
     49    const API_AUTH_TYPE_SSL = '10';             // SSL強制 
     50    const API_AUTH_TYPE_OPEN = '99';            // 完全オープン 
     51}}} 
     52API毎にプログラムデフォルトがあり、設定はdtb_api_config が上位として扱われる