Milestone EC-CUBE2.11.0 リファクタリングProject

Completed 10 years ago (2011/02/28 11:37:07)

100%

Number of tickets:
closed:
55
active:
0
Total:
55
その他

3 / 3

フロント

20 / 20

管理画面

32 / 32

EC-CUBE2.11.0正式版とは別に本マイルストーンを作成いたしました。
本マイルストーンでは本筋の不具合修正とは別にリファクタリング作業のみを管理します。

開発リポジトリはEC-CUBE2.11.0と同じです。
○リポジトリ version-2_5 へのコミット完了後、チケットを「解決」にしてください。

 https://svn.ec-cube.net/open/branches/version-2_5

2/28 クローズさせていただきます。


以下のリファクタリングガイドラインに沿ってお願いします。

リファクタリングガイドライン


開発手順

1.リファクタリング開発を行うチケットの「担当者」をご自身のアカウントに変更、ステータスを「assigned」に変更する。

2.「ページ間で重複する処理が存在する場合は, Helper などの共通クラスへ記述する」 の対応をする場合など、チケット間をまたがる改修を行う前には、関連するチケットへ下記フォーマットに従ったコメントを登録する。

○○の処理に関して、○○クラスの○○メソッドに統合します。
※メソッドのシンタックス決定次第、ここに記入。

▼メソッド統合チケット
#xxxx (あなたのチケット番号)

▼関連チケット
#nnnn #mmmm ・・・

3.開発中のチケットに「2」のように追記コメントがないか確認しつつ、リファクタリング開発を進める。

※「assigned」に変更してから2日以上、コミットが無い場合、進捗確認のためご連絡させて頂くか、担当者を変更する可能性がございます。

2日以内にコミット(ページ数が多いチケットの場合部分的にでも)頂けますようよろしくお願い致します。

4.動作確認を行い、動作に問題なければコミットする。

※既存バグであっても改修をお願いします。
ステータスを「解決済み:修正済み」に変更する。

5.コミットされたソースチェックと結合試験を株式会社ロックオンで実施。問題があれば、内容をチケットに追記し、ステータスを「reopened」に変更する。

6.差し戻された場合、引き続きチケット担当者が「2」へ戻り改修を行う。

7.ソースチェック・結合試験共に問題なければ、株式会社ロックオンがチケットをクローズする。


開発中のコミュニケーションについて


■インテグレートパートナー様用 コミットポイント付与ガイドライン(参考)

 ポイント付与ガイドライン

※インテグレートパートナー様のみご覧いただけます。
あくまでも参考値となりますので、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。


Note: See TracRoadmap for help on using the roadmap.